スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家

.29 2016 日記 comment(0) trackback(0)


月に一度だろうかに送られて来る小冊子がある。

その冊子の名前は特に印象に残る物では無いのだが、私が所有するあるクレジットカード会社が発行元で毎回、世界中の美しい風景やブランドの時計や高級外車などの画像を散りばめて送られて来る。高級な人が手にする品々は本当に美しい。言い換えれば私の住まう世界とは別世界。



先頃この冊子の巻頭を飾る、ある作家の先生が書かれる文章を毎回私は楽しみにしていることに気がついた。

気がついたとご大層に言うが、ただその冊子が届くと一番に読むと言う行為に気がついただけのことである。透明のビニール袋に包まれて届くと乱雑に引き千切り、冊子を引きずり出す。表紙は絵の時もあるし画像の時もある。それを暫時眺め、私のみすぼらしい精神がその冊子の中の高級な世界へ入って行ける状態になると私はおもむろにその先生が書かれたページを探し、読む。

何気ない日々の中に題材を求め、何気ないものの見方について、作家とはこういったような観点で物事を眺めるのかといつも驚かされる。



今回もこの先生が操る文字たちに美しく、そして悲しい世界へ連れて行かれた。そして連れて行かれた世界の中で私は考える。私が死んでも必ず日は昇り、そして沈み、人の生活は何ら変わることもなく営々と続き、野に遊ぶ子供たちは成長し大人に成る。



子供を亡くした親御さんが葬送の場で挨拶をされるとき、必ずと言ってよいほど、「子供を忘れないでやって下さい。」とおっしゃる。その場に参列していなくてもテレビなどで映し出される葬式の報道でも幾度と拝聴した。

無念の死を遂げられた子供さんを忘れる方が難しいとは思うが、それでも親は参列してくれている方々に心からそう叫ばずにはいられないのだろう。

この先生も人生においてかけがえのない方を一人では無く、亡しておられることは残酷なことに世間中が知っている。先生の亡くされた一人の方は奥様でお若いのに既に大女優であった。そして私も大ファンだった。

その若い女優が結婚したと聞く。誰と?作家?小説家?おっさん?そんな名前、知らんなぁ。不真面目な学生であった私の頭に作家先生の名は無かった。

そして数年の後にその女優さんの死を知る。白血病だった。私は残念に思ったが彼女は引退されていたし私の中で作家の先生も女優さんも過去にいた人になってしまった。

ところが月に一度ほど送られて来る小冊子でこの先生が私の前に文字となって現れたのである。御名前を一目見て「あっ、あの女優の旦那さんの作家やな。生きてたんか、嫁はん死んでも生きてたんや。」当たり前である。嫁が死んだからと言って旦那までが死んでいたら世の中、えらいことになる。しかし私にそう思わせるほど彼の妻は美しかった。

私は彼の文章を貪り読んだ。その文章のほんの少しの部分から未だ癒やせぬ心の傷を負っておられることに気がついた。

彼の書き続ける文章は結果的には絵画になる。文字の一つ一つが筆でキャンバスに塗られていく一色、一色なのである。

草原に座って話している少年と少女が文字で書かれるのだが、気づくと私の頭の中では白い服に麦わら帽子がちょこんと載っている。草原は何処までも新緑が続き、その草原を馬が駆けて行く。子馬もいる。その先には真っ青の海が限りなく拡がり、空との境を感じること無く、まるで一枚の青色の織物のようにキャンバスいっぱいに広がっている。

楽しい美しい絵なのであるが、何故か失った人に思いを馳せる絵になっている。少なくともわたしには文字で拵えた鎮魂の絵画に見えるのである。

文字を操ると言う事はそういうことだといつも感嘆させられる。





ここからは読まない方がいいと思います。



最近知ったことだが先生は再婚しておられた。

これまた私が大好きだった大女優と。

私としてはやられたとしか言いようがない。

なんでそんなにもてる?

無骨な感じのごついおっさんやで!

ジェイソールのおみ君みたいなんとちゃうで!

何が鎮魂の絵画や!

俺も作家になってみてーよぉ!



今年一年、内山車体とボディーファイトジャパンがお世話になり、本当にありがとうございました。年賀状を書くのが面倒だからここでご挨拶しておきます。なんで年賀状を書くのが面倒かって言うと一言を書き添えると、それが手紙になってしまうんです。だから来た人だけに印刷しただけの年賀状を返します。



ごめん。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://1959bodyfaight.blog.fc2.com/tb.php/254-7089658f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。