スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.17 2015 日記 comment(0) trackback(0)
日本のあちこちがトリコロールで照らされた。

東京タワーも・・・

何となく ?  へっ ?

追悼の意味はわかるけれど、もっと多くの人がシリアやイラクの北部でなぶり殺しにされている。

フランスで起こったことだけに反応するのも如何なものかとも思う。



今回が初めての犠牲者を出したテロだったっけ。

確か1年ほど前にフランスの雑誌社が銃撃された記憶があるが、この時は漠然とフランス人の悪いジョークの原因に対する結果じゃないの?と考えていた。

誰でも自分が信じる宗教の教祖がコミカルな風刺漫画にされたら、いい気分はすまい。そこで編集部を襲って大量殺人を行うことは許される行為ではないが、言葉も違えば記憶も違う。十字軍と言う言葉を語るぐらいである。十字軍と聞いて、私など胡椒と貞操帯ぐらいしか思い出せないが、彼らは必然的に報復する義務を思い出すらしい。



そして今回の惨劇。報復はそのまた報復しか産み出し得ない。

今朝のニュースで10機のラファールと他に2機がラッカを空爆するために飛び立ったと聞く。まさに報復の報復の報復の・・・これじゃ終わりが無い。



宗教っていったい何?

ジーザスもアッラーもシャカもこんなこと望んでいたんか?



私は何方さまをも信心はしていないが、



「銃剣によって、または他の武器の使用によって、永久平和が樹立かつ維持されるとは考えられない。

勝利者も敗北者も、武器を手にしては、

平和問題は解決し得ない。

真の平和は自由なる

国民の協力一致によってのみ達成される。」



ダグラスマッカーサーに世界一の紳士と言わしめた彼が1945年の9月に外国の新聞社から「最新兵器の出現が将来の戦争をなくすと思われませんか?」との質問に対して述べられた言葉だそうだ。



70年経って最新兵器は沢山作られた。そしてその最新兵器たちは世界を報復の連鎖に導いている。



1946年に彼は言っている。

「元来軍人の一部には戦争癖がある。

軍備は平和の為にすると口にしながら

軍備が充実すると、

その力を試してみたくなる悪い癖がある。

これは隣人愛の欠如、日本武士道の頽廃である。」



日本の国がこのまま進めば日本国内でもいずれはテロが起こると心配する。

いや、私以上に彼が天界で心配していることは間違いない。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://1959bodyfaight.blog.fc2.com/tb.php/246-1e7d68cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。